中性脂肪を減らす食事と料理のレシピ表

中性脂肪を下げる成分

EPAとは・エイコサペンタエン酸


EPAとは「エイコサペンタエン酸(Eicosapentaenoic acid)」の略称で、人体に必要となる必須脂肪酸のことを指します。

EPAは体内で自己生成できるものではないため、食事からでしか摂取することが出来ません。
主にな効果として血流をサラサラにする、動脈硬化などの生活習慣病を予防すると言った点が挙げられますが、特に顕著なのが「中性脂肪」を減少する働きと言えるでしょう。

元来日本人は野菜や魚を中心とした食生活だったため、十分なEPAを補うことが出来ていましたが、近年の食生活の欧米化によって肉類中心の食生活へ様変わりし、それに伴う中性脂肪の増加や生活習慣病に関するトラブルが増えてきています。


EPAを多く含む食材


EPAは主に魚類に多く含まれており、特に青魚の脂は非常に良質なEPAの宝庫と言われています。



身近な食材で言えば「いわし」や「ぶり」「はまち」「鮭」に多く含まれていると言われており、中性脂肪の増加に悩んでいるのであれば、まずは普段の食事の中にこれらを取り入れてみることをお勧めします。

EPAは食事からでしか摂取できない栄養素のため、日常的に一品、青魚を加えた食事を続けることが大切です。

DHAとは・ドコサヘキサエン酸


DHAとは「ドコサヘキサエン酸」の略称で、近年多く聞かれるようになった名前ではないでしょうか。

DHAと聞くと「頭が良くなる」「脳が発達する」と言うイメージが多いことかと思われますが、主な効果としてはEPAと同様に「動脈硬化の予防」や「中性脂肪の減少」「視力改善」が挙げられますが、こちらは生活習慣病の予防に効果が顕著となっています。

DHAを多く含む食材


DHAもEPAと同様、魚類、特に青魚類に多く含まれています。

主に青魚の脂分に含まれており、牛や豚などの肉類と比べてみると、その効果はほとんど反対のものと言っていいでしょう。
青魚の脂は「不飽和脂肪酸」が多く含まれており、血液をサラサラにする、中性脂肪を減少させる効能が認められています。



青魚の中でも特に「いわし」「ぶり」「はまち」に含まれています。

青魚を採ると言うことはDHAとEPAを同時に摂取できる方法でもあるため、日常の食生活の中に取り入れるだけでも様々な身体のトラブルの予防に繋がっていくでしょう。



EPA/DHAサプリの革命を起こした商品はこちら



中性脂肪を減少させる食事と注意点

食事で改善できる中性脂肪、どんな食事が理想か?
身体についてしまった中性脂肪を減らしたい。
これから付いていくのを予防したいと言う場合、最も適切な方法は食事の改善です。
増えてしまった脂肪を減少させるには、青魚を加えた食事を心がけることが大切です。

青魚と言っても高級な魚である必要はなく、身近な食材にこそ多く含まれています。
特に「いわし」や「はまち」「ぶり」「鮭」の脂には「不飽和脂肪酸」が含まれており、脂肪の減少や血液がサラサラになるEPAとDHAと言う成分が含まれています。
EPAとDHAは食事からでしか生成することの出来ない成分でもあるため、意識的に取り入れていくことが大切です。

注意したい食事とは?(油を使った料理・アルコール・夕食の過食など)
注意したい食事として、特に中性脂肪を増加させる牛や豚などの肉料理やインスタント食品類などに多く含まれています。 特に夕食時はスタミナの付くものが食べたい、思い切り食べたいと言う場合に肉類が出やすく、忙しい日々が続くとインスタント食品が出がちです。

しかし、過度の摂取は控えたいもので、後になって体が重く感じるようになった、体調不良を訴えやすくなったと言うのでは問題です。 肉類やインスタント類が全ていけないと言うわけではありませんが、やはり栄養のバランスを考えた食事を取りたいものです。
また、アルコールや喫煙は身体の血行を阻害してしまうことから、蓄積させることに繋がっていきます。こちらも出来る限り控えるようにしましょう。

コレステロールを増やす食品は中性脂肪の敵
脂肪が増加傾向にあると、同時にコレステロールも比例して上昇してしまいがちです。
中性脂肪やコレステロールは牛や豚などの肉類やインスタントラーメンなどの食材を過度に取りすぎると、一気に中性脂肪、コレステロールが増加してしまいます。

特にコレステロール値が上昇すると血液がドロドロになり、血行が悪くなることから生活習慣病の併発まで引き起こしかねません。

血行不良は中性脂肪の蓄積に繋がっていくものでもあり、やはりどちらも予防する、改善を進めていくことが大切です。

適度な運動も中性脂肪予防になる

脂肪を減少させる方法はDHAやEPAの含まれている食材を採るしか基本的に方法はありませんが、予防する方法として非常に効果が高いのが適度な運動です。

ダイエットのために一時的な運動をするというのでは効果は薄いものですが、日常的に継続して運動を続けることにより、「中性脂肪のつきにくい身体」に改善していくことが出来るのです。
運動不足は健康の大敵とも言われるように、やはり健全な身体を作るためにも軽いウォーキングやジョギングなど、出来ることから始めてみましょう。



魚嫌いの人にEPA/DHAサプリの革命を



おススメ簡単料理レシピ

中性脂肪を減らす手軽で効果的な
サラダレシピ



誰でも簡単に作ることが出来る料理としての代表格が

「サラダ」

と言っても過言ではないでしょう。
特に天然のミネラルを多く含み、食物繊維が豊富でカロリーも少ない

「海草サラダ」

がおススメです。

中性脂肪を落とすために効果的なサラダの食材として「ワカメ」 は必ず取り入れ、さらに血液をサラサラにする効果の高い 「たまねぎ」や
健康効果の高い「大根」を加え、彩りにトマトなどを入れるだけでも見た目も良く、おいしく頂けるサラダの出来上がりです。

ドレッシングはドロドロの濃い目のものより、油を使っていないタイプのものがおススメです。

特別な調理方法を用いない
青魚レシピ



中性脂肪を下げるために最も効果的なのは青魚を加えた料理ですが、魚料理と聞くと調理に手間のかかるものと思われがちです。
その中でも、手軽に青魚を摂取し、さらに簡単に作ることが出来るものとしておすすめしたいのが

「鮭のボイル焼き」

です。鮭には中性脂肪を減少させる効果のあるEPAやDHAが多分に含まれており、是非料理に加えたい一品ではありますが、欠点としてEPAやDHAは体内で酸化しやすいため、単体で摂取をしても効果が薄くなる場合があります。

これを解決するため、 熱を加えても栄養素の劣化の無いたまねぎや、
酸化を抑える効能のあるビタミンを多く含んだレモンと一緒にアルミホイルに包み、加熱するだけで立派に一品出来上がります。
仕上がりはポン酢などのあっさりした調味料を使うといいでしょう。

中性脂肪の増加を抑える
炒め物レシピ



中性脂肪の増加を抑えるためには脂分の摂取を控えることではありますが、かといって全く摂取しないと言うのも問題です。

大切なのはバランスであり、その中に食物繊維が豊富な食材や中性脂肪の増加を抑える食材を加えていくことで、心身共に健康な状態を保つことが出来ると言うもの。
このような場合に是非おすすめしたいのが、
食物繊維が豊富な

「キノコ類やゴボウなどを加えた野菜炒め」

です。 普通の野菜炒めのような材料でも問題ありませんが、油はオリーブオイルを使う、食物繊維豊富なキノコやゴボウは必ず入れるなど工夫をしてみましょう。

さらに、中性脂肪を減少させる効果の期待できる青魚として鮭の切り身を牛や豚などのお肉の代わりに使うと言う方法だとさらに効果的です。






簡単に中性脂肪を減らす方法・臨床結果あり

金額 送料 タイプ 容量
1,000円 送料無料 特定保健用食品 100ml×10本

メタボ対策にイマーク・お試し1,000円




中性脂肪を減らす方法として最も効果的なのは「EPA」と呼ばれる栄養素を摂取することですが、この栄養素は身体で作ることは出来ません。 よって、食事から吸収していくことになりますが、EPAの含まれている食品は主に青魚類に限られており、決してその数は多くありません。 逆に毎日青魚を食事に加えることが出来ればいいのですが、なかなか続けることは難しいものです。

このような場合、簡単に中性脂肪を減らす方法のひとつとして、サプリメントを利用するのが効果的ですが、その中でも特に利用価値が高いのが「ニッスイ・イマーク」でしょう。

イマークはメタボリック対策にも利用できる有効なサプリメントで、国の制定した基準をクリアした特定健康食品のひとつとなっています。 1日1本、2ヶ月続けることで劇的に中性脂肪が減少すると言う臨床結果もあり、また、誰もが聞いたことのあるメーカーから販売されていることから、安心して飲用することが出来るでしょう。

ニッスイ・イマークの臨床結果


中性脂肪を短期間で大きく減少させる効果が期待できるとして注目の集まっている「ニッスイ・イマーク」ですが、こちらは臨床結果も公開されており、いかに安心して飲用できるか、どれほどの効果があるのかと言うのが分かりやすくなっています。

主な例として、高中性脂肪血症と正脂血症の男女に1日1本、2ヶ月に渡って飲用を続けると言う臨床試験を行ったところ、平均20%の中性脂肪の減少が認められました。
この情報については「日本臨床栄養学会雑誌」においても紹介されており、確かな実績であると証明されています。

イマークの飲み方・注意点(子供やお年寄りでもOK)


1日1本、2ヶ月続けることで20%もの中性脂肪を減少させると言う効果を発揮し、注目を集めているサプリメントである「ニッスイ・イマーク」ですが、サプリメントにありがちな「飲む時間の指定」のようなものはないため、食前、食後のどちらでも問題なく飲用することができます。

また、天然の成分を使用しているため、お子様や高齢の方でも安心して飲むことが出来るのが大きな特徴と言えるでしょう。
ただし、注意点として、1日に何本も飲めば効果が出ると言うものではありません。
1日1本を厳守し、続けていくことが大切です。

また、普段の食生活とも関係があり、イマークを飲んでいるから暴飲暴食が許されると言うものではありません。
日常から食生活も十分なバランスや栄養を考え、複合的にイマークを飲用する方法が望ましいでしょう。